石油とは? 1|蓄電池 一般家庭用 法人企業用

 

石油自体はどういった状態でできたものかを

明確するようなものがなく

説として人間が存在しない、古く昔に生きていた生物が

地中深くで様々な要因が重なって

変化したものであるというものが有力です。

石油自体は、自然が作り出した資源として

今現在も多くの国で利用されていますが

炭化水素の混合物であるというのが

石油の主な成分となります。

ただし、中には硫黄化合物や酸素化合物

窒素化合物、有機金属化合物などを

含んでいることもあります。

地球上にある油田から採掘されたものを

一般的には原油と呼び、原油は

蒸留することでLPガスになったり

車を走らせるガソリンになったり

軽油になったりと様々なものに変化します。