原子力発電とは? 1

 

原子力発電の燃料はウランが主です。

ウランなどの原子核が中性子を

吸収することにより核分裂を起こします。

この核分裂が起こる時に出されるエネルギーを使い

水を加熱して水蒸気を発生させます。

それを蒸気タービンと呼ばれる部分を通じて回すことにより

発電を行うのが原子力発電です。

日本にある原子力発電所においては

上記の方法でエネルギーを生産しています。

数ある資源の中でも

今、日本で特に問題視されているのが原子力発電です。

なぜ危険を顧みずに原子力発電

日本で多く使われているかというと

供給に安定性があるということや経済性もあって

地球温暖化につながってしまうような

二酸化炭素の排出がほとんどないことが挙げられるからです。